ABOUT

アートは享受するだけのものでしょうか。アーティストにとっては作品が売れ、生活をしていける環境がなければ、アーティストは道外へと流出していきます。アートが札幌(北海道)の文化として根付くにはアートマーケットが不可欠です。生産と消費という循環システムの構築が急務となっています。

札幌市の人口は約190万人、北海道は約550万人ですが、現在、札幌において現代美術におけるアートマーケットはゼロに等しい状況です。潜在的なマーケットの開拓のために、国内外の優れたアート作品を展示販売する機会を提供すべくアートフェアを企画しました。国際的な視点を持つ国内外20軒の画廊出展によるアート作品を、クロスホテル札幌の客室を使用し、展示販売いたします。

本企画が都市に芸術文化が根付くための第一歩として、札幌市民に現代アートへの関心を深めること、そしてアートマーケットの活性化に繋がれば幸いです。

アートフェア札幌 2017 実行委員会
大口岳人 (アート札幌ディレクター・クラークギャラリー+SHIFT)

Is art more than a thing just to enjoy? If there isn’t an environment where artworks are needed and artists can make a livelihood selling their artworks, then they will undoubtedly move away from Hokkaido. The art market is necessary in order to make art an important part of culture in Sapporo (Hokkaido).

The population of Sapporo is approximately 1.9 million, 5.5 million in Hokkaido. But currently there is virtually no contemporary art market in Sapporo. For the development of this potential market, we have organized an art fair in order to provide an opportunity for fine artworks by 20 galleries with an international perspective to be exhibited and sold at the rooms of the Cross Hotel Sapporo.

As a first step to make art culture an essential part of the city, we hope this project will lead to an increase in interest in the contemporary art in Sapporo, and activate a thriving art market.

Art Fair Sapporo 2017 Executive Committee
Taketo Oguchi (Art Fair Sapporo Director / Clark Gallery + SHIFT)